中国の人工降雨実験拡大計画の話

中国が大規模な人工降雨実験を計画しているそうです。
2025年までに550万k㎡という広大な地域にまで実験範囲が拡大します。これは日本の国土のおよそ13倍に相当します。

これだけ広範囲に人工的に雨を降らせた場合、周辺国への影響はどうなるのでしょう?
特に中国の東側にある日本は、偏西風によって雨雲が運ばれてくる関係上、無関心でいるわけにもいかないように思います。


世界日報の記事からです。

中、大規模な「人工降雨実験」に周辺国まで緊張


(前略)

中国の国務院は2025年までに災害救援、農業生産、森林草原火災への対応、異常高温や干ばつ対応など、安全上のリスクに対する総合対策改善のために550万k㎡に渡って人工降雨や人工降雪実験を行い「気候変動システム」を構築する、と最近発表した。550万k㎡はインドの面積の1.5倍に達する。

中国は2008年の北京オリンピックを控えてスモッグを減らすために雲に雨の種のヨウ化銀を分散させて雨を降らせたことがある。中国は2012年から2017年の間に様々な気候変動プログラムに13億4000万ドルを投資した。中国はこのプログラムを使用して、昨年主な農業地域である中国西部の新疆地域の雹被害を70%減らしたことが分かった。

専門家は中国のこのようなプログラムは国内に焦点を合わせて行われているが、中国を超えて他国に影響を与える可能性があると警告した。

国立台湾大学の研究チームは、昨年の研究では中国が気候変動活動の適切な調整に失敗した場合、他国に降る雨を奪う状況が起こる可能性があり、問題になるかもしれない、このプロジェクトを実行するにあたり、抑制と均衡システムが欠けていると指摘した。

(中略)

インドのカルナタカ高等教育院の気候専門家タナスリ・チャヤランは「規制なしに中国が気候変動に対処するために、大規模なプロジェクトを進めることは他国に影響を与えるかもしれない」と述べた。
世界日報「中, 대규모 '인공강우 실험'에 주변국까지 긴장(中、大規模な「人工降雨実験」に周辺国まで緊張)」より一部抜粋


中国の陸地内での実験ですから日本への影響は限定的かもしれません。けれどもバランスで成り立っているものが少し崩れたらどうなるか分かりませんね。

記事には中国を「迷惑国」するコメントがたくさんありました。

ところで、私の記憶が確かなら韓国も「人工降雨」に多くの予算を割いていたはずです。
昨年は全部で20回以上実験するとしていたはずですけれど、それはどうなったのでしょう?