【バンダーさん】「『日本が韓半島を「弾除け」に使おうとした』と反日煽動する言論」の話

趙甲濟ドットコムよりバンダービルドさんのコラムから「『日本が韓半島を「弾除け」に使おうとした』と反日煽動する言論」です。

『日本が韓半島を「弾除け」に使おうとした』と反日煽動する言論

6・25時、国軍が洛東江前線に陣地を構築した時も、慶尚道地域を「弾除け」に使おうという考えを露骨に見せたのか。

今日、韓国人たちが病的反日に陥った原因の内、相当部分を言論が占める。反日感情を持った記者らが恣意的推測に基づいて反日記事を量産した。そして知識と教養が足りない大衆は容易く流され「作られた怒り」にすぐ包まれる。8月7日、京郷新聞が「単独」として報道した<日本軍極秘文書入手「日帝韓半島を弾除けにしようとした」>という題の記事はこのようなケースに該当する。記事は非常に長い。しかし、事実を除けば内容の大部分は恣意的推測でいっぱいだ。ファクトは1、2行に要約される。

<1945年3月に作成された日本軍報告書にはこんな内容が記されている。→「韓半島の富平に造兵廠を地下に建設し、そこに日本国内の造兵廠設備の一部を移す」

記者は日本軍報告書に「極秘」という印が押されたことで当該文書がすごいものであるかのように書いた。しかし軍で作成される文書は、よほどでなければ「極秘」だ。まして戦時では言うまでもない。記者は造兵廠(武器、弾薬などの製造・保管施設)を建設するための徴用がまるで不法でもあるかのように「強制動員」という表現を使った。徴用はあくまで合法だ。今日、韓国男性の軍入隊もまた徴兵(徴用)として合法だが、ましてや戦時中なら言うまでもない。徴用をあえて不法な「強制動員」と規定するのなら6・25の時、戦争遂行のために動員された全てもまた不法な「強制動員」に該当する。

当時、日本の若者はみな徴兵され戦場で死亡したり負傷したりしていた。だのに韓国人たちは安全な後方で何せず、ただ過ごすだけでいられただろうか?戦争当事国の米国、ドイツ、ロシア、英国、フランス、イタリアなどをはじめ戦争に巻き込まれた東南アジアなどの多くの国民も死に、または負傷した時代だった。ところが韓国人だけがその時、天から「無限の幸福」あるいは「無限の安全」を保障される「天賦幸福権」のようなものでも与えられたのか?徴用されたことがそんなに悔しいのなら、そもそも国を失ってはいけなかった。

記事は、徴用されて富平で洞窟(地下施設)を掘った人々が、なぜ洞窟を掘るのか知っている場合がまれであったことを問題視し<日帝は労働力を搾取しながら情報は日本人同士で独占した>というように書いた。敵に露見してはいけない軍事施設を建設するのに、「ここに今、軍事施設建設中!」と誰彼に宣伝しながら建設しなければならなかったのか?

記事はまた<戦争終盤、韓半島を「弾除け」に使おうという考えを露骨に表した>と書いた。日本にだけ存在していた造兵廠施設の一部を富平に移そうとするのは、日帝韓半島を弾除けに使おうという意図のためだ、というふうに書いたのだ。この記事のこうした論理なら造兵廠が散在した日本列島はすでに「弾除け」の状態だったということになる。それで当時、韓半島地域だけは天から「絶対安全地帯」が保証される「天賦安全地帯保障証」のようなものでも与えられたのか?造兵廠の一部が韓半島に入ってくることがそんなに無念なら、そもそも国を失ってはいけなかった。

そして、こういう形なら6・25時、国軍が洛東江前線に陣地を構築した時も、慶尚道地域を「弾除け」に使おうという考えを露骨に見せたということになってしまう。今日、多くの韓国人が錯覚することがある。祖先(朝鮮)が無能で国が滅びたのに、国を亡くした韓国人が、むしろ日本人よりも当時はるかに安全を確保されなければならず、人権も今の基準に合致する水準で保障されるべきだ、というように考える点が強いということだ。

当時、韓国人が最高の地位と待遇を受けて当然だが、日帝がそうしなかったため大変な苦労をした、と考える妄想から目覚めなければならない。多くの韓国人たちの思考回路にこのような思想が基本的に敷かれているため、こうした形の反日煽動記事が絶えず呼応を受けるだろう。韓国人の狂牛病騒動を考慮すれば、こうした思想から目覚めることは容易ではなさそうだ。残念ながら生まれながら反日洗脳され、思想の中に閉じ込められて暮らし、生涯を反日政治家や反日マスコミなどに翻弄されながら世を去ることが今日多くの韓国人の決められたコースだ。

趙甲濟ドットコム「"일제가 한반도를 '총알받이'로 쓰려 했다"며 反日 선동(煽動)하는 言論(「日本が韓半島を『弾除け』に使おうとした」と反日煽動する言論)


結論「そもそも国を失ってはいけなかった」...正論ですが、それじゃ話が終わってしまいますね。
今の人権感覚や常識を過去に適用して考えるのは本当によくある傾向だと思います。