米韓財務省長官会合「緊密に協力する準備ができている」とするものの、今回も通貨スワップは無しの話

米国と韓国の財務長官が昨日会合を開きました。
今回も通貨スワップはありません。韓国メディアの報道しか見ていませんけれども、今まで同様「緊密に協力する準備ができている」ことを確認したそうです。

 



聯合ニュースの記事からです。

韓米財務長官「金融不安が深刻化すれば流動性供給が準備されている」


(前略)

1日、企画財政部によるとチュ・ギョンホ副首相兼企画財政部長官は韓国時間で前日の午後8時、ジャネット・イエレン米財務長官とカンファレンスコールを通じてグローバル経済動向や外国為替市場協力、米インフレ削減法(IRA)、ロシア原油価格上限制などについて話し合った。

チュ副総理は「緊縮的なグローバル金融環境が韓国経済に少なからぬ負担として作用している」として「両国が最近、金融・外国為替市場動向を綿密に点検し、外国為替市場関連の協力を強化しなければならない」と話した。
チュ副総理とイエレン長官は「急激なウォン安にも関わらず、韓国経済は良好な外貨流動性状況、十分な外貨保有高などに支えられ依然として堅調な対外健全性を維持している」と評価した。

両長官は韓国を含む主要国の流動性梗塞の拡散で金融不安が深刻化するなど、必要な場合には流動性供給措置を実行するために両国が緊密に協力する準備ができていることを確認し、関連議論を持続することにした、と企画財政部が伝えた。

これに先立ち、チェ・サンモク経済首席も最近ブリーフィングで「通貨スワップも両国当局間協議の対象となる流動性供給装置に含まれる」と話したことがある。

(後略)



聯合ニュース「한미 재무장관 "금융불안 심화시 유동성 공급 준비돼 있다"(韓米財務長官「金融不安が深刻化すれば流動性供給が準備されている」)」より一部抜粋

韓国側の「外国為替市場関連の協力を強化しなければならない」は言い換えれば「スワップ結んでちょうだい」なんでしょうが「まだ大丈夫っしょ」と躱されたようです。
韓国的には流動性スワップは通貨防衛に使えなくとも市中銀行のドル不足懸念は拭えますから意味はありますが、米国は流動性に懸念が出てからでも十分間に合いますからね。

今回の会合は米国側から要請があったそうです。その割に通貨スワップについてはあっさり躱しましたので、米国の本命はそこではなくロシア原油価格の上限制でしょう。



記事へのコメントは174件。反応は「良い情報:5 興味深い:2 非常に共感:104 良い分析:3 続報期待:10」です。

「前もってスワップをしておけとミョンバクのように情けないことを言わないで」(共感131 非共感34)

「結果を持ってきてちょっと話をしてくれ」(共感51 非共感3)

「米国だけバカのように固く信じて転落した国が一つや二つではない。幸福回路を回し続けろ」(共感23 非共感4)

「幸福回路」の元ネタは「ローゼンメイデン」の「翠星石(すいせいせき)」だそうです。全く知識がないのですが...ナムウィキの解説によると、「深刻な苦痛に追い込まれた際、その状況で思い浮かぶ最も幸福な妄想に縋り、しばらく痛みを忘れストレスで崩壊するのを防ぐ」システム(?)のことを「幸福回路」と呼んでいるようです。
そこから派生してネット上でミーム化し「幸せな未来を妄想する」という意味で使われるらしいです。認知的不協和と希望的観測のハイブリッド病みバージョンみたいな感じでしょうか?



メモリ半導体、DRAMもNANDも第4四半期は大幅な価格下落が起こる見通し...ピンチのサムスン、ARM買収で念願のファブレス獲得なるか?の話

半導体は韓国の輸出のおよそ19%を占める主力製品ですが2ヶ月連続で不振が続いています。
韓国の統計庁が発表した動向調査によると8月の半導体生産量は前月比-14.2%と大きく落ち込んだとのことです。前年同月比だと-1.7%と微減ですが、それでも前年同月比マイナスになるのは4年7か月ぶりとなります。
さらにNANDの先行きも悪く、市況調査会社の見立てだと第4四半期には20%程度の価格下落が起こるかも、とのことです。

DRAMもNANDもメモリ半導体に分類され、サムスンの主力製品です。売り上げの7割がメモリ半導体だというサムスン、こうなってくると厳しいです。システム半導体のシェア拡大を目指して地力を付けるべくM&Aファブレス半導体設計会社)の獲得に動き出しています。

続きを読む

日本旅行の需要、前月同期比72倍の激増...一番人気は「大阪」の話

来月11日から観光目的の個人旅行者へのビザ免除が復活します。1日当たりの入国者数制限も撤廃されます。
これを受けて韓国で日本向けの航空券がメチャクチャ売れています。先月同期比72倍だそうです。
特に人気なのが大阪で、全海外旅行先の中で人気ランキング1位となっています。

続きを読む

慰安婦訴訟原告による韓国内日本政府資産開示要求が却下された話

世の中(?)がニューヨーク国連総会での日韓首脳懇談やユンさんの「XX発言」で盛り上がっていた裏でひっそりと、慰安婦訴訟原告による日本政府の韓国内資産開示請求が却下されていました。
こうなると原告側は自分たちで役所や金融機関に問い合わせて韓国内の日本政府資産を探さなければいけません。
原告側は即時抗告するとしています。

 



ソウル新聞の記事からです。

慰安婦賠償金差し押さえ回避した日本...「翻訳間違っている」と難癖


慰安婦被害者が起こしている損害賠償訴訟で敗訴した日本政府が「翻訳が間違っている」という理由で財産差し押さえのための書類受領を拒否した。

23日、法曹界によると日本法務省はソウル中央地裁民事51単独のナム・ソンウ判事が韓国にある差し押さえ可能な日本国の財産を確認するため、昨年9月に送った財産明示命令文と出席要求書などの関連書類を受け取っていない。

裁判所によると、書類が法務省法務大臣に渡された。しかし法務大臣は受理を拒否し「送達文書の一部に対する日本語翻訳が不足している」という理由を挙げた。

(中略)

裁判所は翻訳を修正し5月に再度書類を送った。しかし今度は「書類送達が日本の主権または安保を侵害する」という理由を挙げて送達を再度拒否した。

裁判所は「債務者に書類を送達したが継続返送され公示送達の方法によらなければ他に送達する方法がない」として15日、財産明示事件を却下した。ただし「この場合、債権者は民事執行法第74条により財産紹介制度を利用できる」と付け加えた。

被害者、遺族側は決定に対する即時抗告を検討している。

(中略)

民事執行法上、財産明示手続きは公示送達で進行できないため相手方に書類を送達することが不可能な場合、通常却下処分される。この場合、債権者は公共機関、金融機関などを通じて債務者が国内に保有した財産を紹介する「財産照会」を申請することができる。



ソウル新聞「위안부 배상금 압류 회피한 일본…“번역 잘못됐다” 트집(慰安婦賠償金差し押さえ回避した日本...「翻訳間違っている」と難癖)」より一部抜粋

間違っていたのは原告の住所だそうです。
題の「難癖」と訳した部分は原文「트집」。「いちゃんもん」とか「ケチをつける」とかいう意味です。
翻訳間違っていたのは相手側のミスなのに、それを指摘すると「いちゃもん」とは...そういうの日本では「逆ギレ」っていいますよね。韓国の裁判所がそれで引っ込めたのならその指摘はもっともだったんでしょうに。
ところで、たった一か所(住所)の翻訳修正に半年掛かっているのもどうなんでしょう?これが普通なんでしょうか?

あと、この記事の構成ちょっと変です。おそらくタイトルの日本の「難癖」を強調したかったんだろうと思うんですけど、翻訳が間違っていると受け取り拒否したのは一度目で、それを修正して二度目がすでに送られています。その二度目は主権侵害での拒否です。
裁判所が原告側の開示要求を却下したのは二度目の受け取り拒否時です。瑕疵の無い書類なのに拒否されたからです。
であれば記事が注目すべきは二度目の拒否のはず。なのに、わざわざ一度目を取沙汰して「難癖」とはねぇ...。


それと裁判所は「公示送達の方法によらなければ他に送達する方法がない」としているのに、記事末のセクションで「民事執行法上、財産明示手続きは公示送達で進行できないため、相手方に書類を送達することが不可能な場合」という意味不明な文章が出てきます。出来るだけ原文に忠実になるよう訳したつもりでしたが、やっぱり意味不明感が強いので補足します。
ここの意味は正確には「民事執行法上、財産明示手続きは公示送達で進行できない場合、相手方に書類を送達することが出来ないので」です。「~ので」と「場合」が逆になります。



米メディア「中国が台湾進攻したらどうします?」、ユン大統領「北朝鮮に対応します」という話

はじめに、本日は安倍晋三元総理の国葬が執り行われました。
改めて哀悼の意を示します。
安部さんに対する評価は賛否様々かとは思います。しかし私にとっては、特に第二次安部内閣以降、意見の相違を超えてとにかく自分で見て考える、自覚することの大切さに気付かせてくれた唯一の政治家です。
ありがとうございました。



さて、以下通常運転です。
ユンさんが米CNNとのインタビューで、中国による台湾侵攻の際、米軍が動くとすれば韓国は米軍と協調するか?という記者からの質問に対して、そのときは北朝鮮も軍事的挑発に動くだろうから北朝鮮に対応するつもりであると答えました。
記者の質問へのはっきりとした回答は避けつつも、韓国にとって最優先は北朝鮮である、という点を強調したわけです。つまり米韓同盟はあくまで対北のためのものであって、中国を念頭に置いたものではない、というアピールでもあります。

続きを読む

ムン政府が大々的予算投入で育成推進を宣言していた基幹産業、逆に後退していたという話

日本の輸出管理強化(あちらの言う「輸出規制」)以降、韓国ではありとあらゆる面で日本依存度を下げようとしていました。
ノー・ジャパンや核心素材の国産化などが代表的ですが、基幹産業にも力を入れる宣言をしていました。韓国では根本産業として6つ(鋳造、金型、焼成加工、溶接・接合、表面処理、熱処理)指定されていたものを、昨年新たに8つ(押出し・プレス、3Dプリンティング、精密加工、エンジニアリング設計、産業知能型ソフトウェア、ロボット、センサー、産業用フィルムおよび紙類)追加されて全部で14つになりました。
これらに「大々的予算」を支援しようという支援事業計画があったようです。

ところが提出された報告書によると、これらの根本産業で韓国が世界一の技術水準を誇るものは1つも無く、それどころか技術水準で世界一を9個持つ日本と比べると、その技術格差は1.3年と、昨年の0.7年より0.6年格差が広がるという本末転倒な結果だったことが分かりました。

続きを読む

「韓国外交惨事」のまとめ記事...戦略的あいまい性が韓国の生きる道なのに、こんなんで大丈夫か?な話

ハンギョレが国連総会の外交「惨事」の総括記事を出していましたので紹介します。
流れとしては日韓、米韓首脳会談の「不発」についてとIRA(インフレ削減法)への対応不備、これを絡めて「大統領室がコントロールセンターとして機能していない。そんな状況で国際秩序の大転換期を乗り越えられるのか?」と。

基本的にハンギョレ視点は韓国が「戦略的曖昧さ」を維持することを推奨しています。というか、米中日露に囲まれた韓国という「溝」は複数の丘(米中日露)の草を食んで生きるのが道、という金大中が推奨した「あぜ道論」に照明を当てています。
大国に囲まれた小国が生き残る最善の道なんでしょうが...それにしては韓国には野心が大きすぎると思うんですよね。

あ、国連総会なのでその後のカナダ外遊には触れていません。全く報道されていないわけではないんですが、やはり関心度としては一段下がりますからね。

続きを読む