ゴールデンレイ号の最終報告書の話

国家運輸安全委員会(NTSB)が2年前の2019年9月8日、米ジョージア州沿岸で転覆したゴールデンレイ号の最終報告書を公開しました。

公聴会の雰囲気などから予想されていたことではありますが、NTSBは事故を「ヒューマンエラー(人為的ミス)」と結論付けたようです。

転覆の直接的な原因はバランス喪失によるものですが、その原因となったのが安定性計算プログラムにバラスト水の量を入力した一等航海士(チーフオフィサー)の入力ミスと いう結論です。

また、本来閉まっているはずの2箇所の水密扉が開いていたことで船内への海水の流入が起こり、4人の船員の逃げ道が塞がれる要因となったと考えられています。

続きを読む

ムンさんの政権下で高級公職者の再就職が3倍以上増えていた話

高級公職者の再就職とは、日本で言うところの所謂「天下り」に似ていますが、ちょっと違います。

天下り」は外郭団体などへ役員や顧問などの名目で再就職することで、基本的に前職と再就職先での職務は関係がありません。(前職と関わりが深い業種への転職は国家公務員法で一部制限)

韓国にも国家公務員法と同じようなものがあって、利害関係のある企業への就職が制限されたり、再就職者が元の職場へ働きかけるようなことは当然禁止されています。

今回問題になっているのは同じような職位の公務員が同じ会社への再就職申請で、ムン政権発足前にはダメだったのに、2020年には許可が下りているケースが増加していることで、審査の公平性への疑問です。

続きを読む

ベトナム戦争で虐殺を目撃した元兵士が証言台に立つことになった話

ベトナム戦争に参戦し、現地で虐殺を目撃した韓国人元兵士が被害者遺族(原告)側の証人として証言することが決まったそうです。

昨年の4月にベトナム人が韓国政府を相手取って起こした訴訟の続きです。(詳細はこちら

実際の裁判がまだ先とは言え、この件を報じているのはハンギョレとJTBCだけのようです。

続きを読む

韓国メディア「高市候補は安倍以上に韓国に強硬姿勢」という話

自民党次期総裁、私は現時点では高市さんがなると面白いかもしれないと思っています。韓国絡み関係なく。

候補者それぞれの所信表明を聞きましたけれど、一番現実的な話をしていたように感じます。なんというか、付け焼き刃ではなく常日頃から課題として考えていることを話している、そんな印象を受けました。質疑応答も妙にボカシた抽象的な受け答えではなく、ちゃんと答えていましたし。

後は周囲をしっかりサポートしてくれる人たちに恵まれるかどうかでしょうか。

3人の候補の誰が総裁になっても日韓関係が劇的に改善することはあり得ないと思いますけれども、中でも高市さんは今後も靖国参拝を続ける、という趣旨のことを述べるなど、韓国にとって特に面白くない人のようです。

続きを読む

(自称)徴用被害者側が裁判官の変更を要求している話

最近立て続けに3件の徴用訴訟で原告敗訴の判決が出ています。その流れに危機感を持ったのか、別の徴用訴訟の原告側代理人が裁判官の変更を要求しているそうです。

理由は担当の裁判官が2003〜2017年まで長期にわたって勤務していた法律事務所が日本企業の訴訟代理人を担当していたためだそうです。

続きを読む

【バンダーさん】「韓・日国民性の格差:脱保守 vs. 強保守化」の話

趙甲濟ドットコムよりバンダービルドさんのコラムから「韓・日国民性の格差:脱保守 vs. 強保守化」です。

続きを読む

告発された元検察総長のユン・ソクヨル候補、告発返しをする話

韓国大統領選の野党筆頭候補者だったユン・ソクヨル(尹錫悦)前検察総長が正式に捜査されることになりました。

(自称)元・慰安婦のイ・ヨンスさんに会って「日本から謝罪を引き出してみせる」と宣言したばかりでしたが、慰安婦の加護は得られなかったようです。

ユンさんが在職中に国会議員への告発を唆したとかなんとかで、多分「職権乱用」とかそんなのです。

でもユンさん側もやられっぱなしで終わる気はないようで、現国家情報院の長であるパク・チウォンさんを告発する構えです。どうも今回のユンさんの立件に繋がった「情報提供者」がパク・チウォンさんに近い人のようで、何らかの介入があったのでは?ということのようです。

続きを読む