【バンダーさん】「未開朝鮮と開化日本の接点となった朝鮮通信使・修通使」の話 その4

趙甲濟ドットコムよりバンダービルドさんのコラムから「未開朝鮮と開化日本の接点となった朝鮮通信使・修信使」の続きです。(過去記事→その1その2その3

今回で最後です。

当時の朝鮮がいかに無知であったか、呑気であったかという話です。特に周辺国の情勢について、ロシアの南下政策を日本と英国(と中国)が警戒していたにも関わらず一番の当事者である朝鮮だけがひどく呑気で、このような無知で間違った認識が国に大きな危機をもたらす、そんな内容です。

未開朝鮮と開化日本の接点となった朝鮮通信使・修信使


(前略 その3からの続き)


日本側は朝鮮修信使一行に特に南下政策を推進し、韓半島を狙うロシアに注意するよう求めた。金綺秀をはじめとする朝鮮修信使一行が日本滞在中の1876年6月4日、日本の全権大使「井上馨」は金綺秀代表にロシアの脅威についてこのように訴えた。


「ロシアが兵力を動かす兆しがあるということは、私が江華島で既に述べたとおりだ。私たち日本人が毎回ロシアに行く度に彼らは兵器を作り、黒龍島に兵糧を備蓄していた。これは何のためであろうか?貴国(朝鮮)を討とうとしているのだ。貴国は機械を修理して兵卒を磨いて防御対策を講じなければならない」


4日後の6月8日にも井上は金綺秀を自宅に招き、酒宴を開いて世界地図を送り忠告した。


「ロシアが朝鮮を念頭に置いているのは私は既に何度も述べている。私は中風*1にかかって正気でない。公が戻ったら私の話を朝廷に知らせて備えて欲しい」


こうした日本指導部の念押しにも関わらず、金綺秀は帰国後ロシアに関する内容を高宗に一言も伝えなかった。江華島条約の後続作業として通商関連条約のため1876年7月30日、日本代表団が漢城(ソウル)に到着した。朝鮮側の交渉代表は趙寅熙(チョ・インヒ)という人物であった。日本代表団は日本政府から次のような訓令を受けた状態だった。


「日本の立場では貿易関税がないのが最善だが、朝鮮側は関税賦課を最後まで要求するだろう。いくら朝鮮側が要求しても関税は品物の5%以内の水準で交渉せよ」


日本代表:「開港場の貿易取り引きの際に関税を賦課しなければなりませんが、貴国(朝鮮)は関税をどの程度で考えていますか?

朝鮮代表:「......」


朝鮮は当時、鎖国政策の影響で国際法における関税というものが何なのか、その概念さえ知らない状態であった。呆れた日本代表はその場で朝鮮代表に関税の概念を詳しく説明してくれた。そして交渉を続けた。


日本代表:「両国間の貿易を奨励するためにお互い関税を課さないのが最善だと思われるがどうでしょう?」

朝鮮代表:「日本製品に朝鮮が関税を課さなければ、日本も朝鮮製品に対して関税を課さないだろうと?」

日本代表:「そうです」


朝鮮代表は双方が無関税の同一条件であれば朝鮮が損害を被ることはないと判断し、そのまま受け入れてしまった。その後、日本の製品は無関税で朝鮮に流れ込む結果を招くことになった。朝鮮の指導部は数日後、清国から「外国と貿易する際、輸入製品に関税を徴収するのは当然の国際慣例」という話を聞き、日本との関税協定が致命的に間違っていたことに初めて気付いた。


金綺秀を代表とする朝鮮修信使が帰国した後も朝鮮は変化の兆しが見られなかった。これに対し日本の失望感は増してきた。同時に当時ロシアと覇権を争っていた英国もまた国際情勢にあまりにも無知な朝鮮の姿にもどかしさを感じるようになった。見るに見かねた英国は結局、金弘集(キム・ホンジプ)を代表とする第二次朝鮮修信使(1880年)の行幸の際、清国の李鴻章(イ・ホンジャン)の腕を捻ってこのように圧力をかけた。


「朝鮮はおたく(中国)の属国だから、それでもあなたの言うことは少しは聞くだろう。ロシアに気をつけるべきだという内容で本を書いて朝鮮に渡してほしい」


これに対し李鴻章は日本に駐在する清国公使の何如璋(ハ・ヨジャン)と参事官の黃遵憲(ファン・ジュンホン)に「ロシアに注意せよ」という本を書いて朝鮮修信使の金弘集に渡すよう命令を下した。そうして出たのが「朝鮮策略」という本だ。朝鮮がロシアの南下を防ぐためには親中国、結日本、連米国という外交政策を展開し、西洋技術を学び富国強兵しなければならないという内容になっている。火事で家が全焼しそうになっているにも関わらず、のんびり軒先に座ってさえずるツバメとスズメを朝鮮に例えた「燕雀処堂」も言及された。世界中の人々が朝鮮を危ないと見ているのに、いざ朝鮮人たちだけが差し迫った災難を知らないという侮蔑的な指摘だった。


江華島条約締結に伴う日本との通商条約で朝鮮側の交渉代表と名乗る人物が関税の概念さえ理解していない状態で交渉が進められた呆れた姿から清国は「アレら(朝鮮)をあのまま放置してはもっと大変なことになる」という考えから朝鮮に対する内政干渉を更に強化した。清国は袁世凱に続き、さらに「馬建忠」と「メレンドルフ」という人物を朝鮮に派遣し、朝鮮の財政と外交にそれぞれ干渉させた。「メレンドルフ」は朝鮮で協辦(外交次官級)の地位にまで上った。


日本との江華島条約により1876年に釜山港が開港され、1880年に元山港が開港され、1883年には仁川港(済物浦港)が開港された。このうち元山港の開港は当時ロシアとの覇権を争った英国の対ロシア牽制政策を日本が反映して推進した結果だった。


古今東西、国の不幸は無知と誤判に起因する。性理学、朱子学が世の中で一番の学問であり、明を継いだ朝鮮が小中華として世界の文明の中心にあると固く信じた朝鮮は代表的なケースである。残念なのは21世紀の今日に至って尚、あれほど情けなかった過去の朝鮮が懐かしく、その朝鮮に戻ろうとしているのか日々、反日を泣き叫び、反米を叫びながら中国事大主義本能(DNA)を見せる未開人が周辺にあふれているということだ。


これら(未開人)は見た目だけスマートフォンなどの文明の機器を使うだけで、頭の中は朝鮮時代と変わらない性理学と朱子学的考え方がぎっしり詰まっている状態だ。今日、韓国が特に外交・安保分野で大きな危機に直面した理由は、無知と誤判を兼ね備えた文明の仮面を被った朝鮮時代レベルの人々が周辺に溢れているからだ。



趙甲濟ドットコム「미개(未開)朝鮮과 개화(開化)日本의 접점(接點)이 된 朝鮮 통신사(通信使)·수신사(修信使)(未開朝鮮と開化日本の接点となった朝鮮通信使・修信使)」より

「朝鮮策略」については以前もバンダーさんのコラムで取り上げられています。(こちら

韓国の現状を見るに、当時と同じく自分が最も損する側にBetする癖は相変わらずのようです。

厳しいことを言う人の言葉は信用できず、耳に優しい言葉で甘やかしてくれる人に付いて行っちゃうんでしょうか?

*1:脳卒中の後遺症で麻痺が残るようなことを「中気(ちゅうき)」とか「中風(ちゅうふう)」と言った。